10月のBODYSCOPEは、耳

ただいま印刷中です。

人間の身体の勉強をしていると、身体を動かす仕組みよりも、周囲の環境や身体の状況を知る仕組みのほうがずっとずっと細かく不思議にできているなあと感じることが多いです。
どう『知る』のか。
音もとても不思議で繊細な仕組みで脳に伝えられています。
最終的には液体の揺れが神経細胞の電位の変化につながるわけですが、そこまでに固体を通したり、特定の周波数を増幅させたり。
身体っておもしろい。